DESTROYER'S FISHING SHOW REPORT
VIOS MINERALシリーズ Exclusive advanced by Takashi Kanamori

金森隆志氏プロデュースによるTKシリーズの新作。赤本に掲載されていますのでご紹介の必要もないとは思います。『TKツイスターJr.』はカラーも決定しているので早々に発売される見通しですが、他の二つはまだ未定のようです。
以下、展示されていたメガバスの説明文を掲載します。

TKアームストロング
TKアームストロングは、TKツイスターJr.とは対照的にテール(腕)にパンチを持たせ、リアクション効果を高めたパワーアームモデルです。ノーシンカーリグによる逆付けセッティングでは、TKツイスターシリーズ共通の揺れながらフォールするロングバックスライドを発生。スローにズル引けば、湖底を這って前進するザリガニをリアルに演出するボトムウォークアクションを生み出します。順付けセッティングでのハングオフ時には、ジリジリと後ずさりするザリガニがここぞとばかりにバックステップで逃走する動きを見事に再現。ノーシンカーリグやネイルリグはもちろんのこと、ライトテキサスやラバージグトレーラーによるリアクションの釣りにおいても、パワーアームがビビッドでパワフルなパルスを発し高いバイト誘発力を発揮します。

TK Fry(Prototype)
TKフライは、小型ながら積極的に水を動かすボディ設計。小さなボディを効率的にアクションさせるため、マテリアルの「硬度」「比重」を徹底調整し、ベストなアクションを生み出すようにセッティングしています。スモラバのトレーラーでは、水中でのボディウェイトバランスを最適化し、スモールシルエットで大きく水を動かす「見た目と生み出す波動のギャップ」で魚をバイトに持ち込みます。スモラバトレーラー以外にもダウンショットリグやジグヘッドリグ、ネコリグ、ノーシンカーリグなどあらゆるリグに対応し、エビや子ザリガニ、ヤゴなどの水生昆虫、ヨシノボリ、ベイトフィッシュといった普段バスが捕食している様々な小型補色対象にアジャスト。魚に迷う間さえ与えない究極のクワセ系ワームです。

TKツイスターJr
VIOSで大好評のTK Twisterに、待望のジュニアサイズが登場。VIOSミネラルマテリアルの採用によって、小粒ボディにミネラルソルトをぎっしり詰め込んだ超高比重に設定しています。ボディ:テール比率から、フッキングを阻害しにくいボディ厚の割り出し、テール長さ・厚さ、ソルト含有量・マテリアル高度の調整など、多角的検証によって導き出した絶妙なバランスでセッティング。オリジナルサイズが持つ「遠投性能」「しっかりとした操作感」「スキッピング性能」「揺らぎフォール」「バックスライド性能」「水中での存在感」「テールのピリピリ感」など、数々の突出したエレメントはしっかりと受け継いだままダウンサイジングした頼れるジュニアです。

Length6inch Color:全10色
■SCUPPERNONG
■CINNAMON/PURPLEFLK
■NUMA-EBI
■GREEN PUMPKIMBLUE
■WATERMELON SEED
■SMOKE/SILVER GLITTER
■BLUE GILL
■SPARKRING WINE
■NATURAL PROBLUE
■SOLID BLACK

INCH-ZICもVIOSミネラルシリーズとして間もなく出荷されますので楽しみにしましょう。。。こちらはちなみに中村哲也氏プロデュース。

■本仕込シリーズ
VIOSミネラルとは別に本仕込という名目のルアーが発表されていました。既に発表されている『BOTTLE SHRIMP』はこの本仕込に属しています。『BOTTLE SHRIMP』はとてもボリュームがあり、今までに無かったビッグワームとなっていますので、旧吉野川でかなり威力を発揮しそうです。
以下、メガバスの説明

BOTTLE SHRIMP
「ボトムを叩け。新発想、ボトムのハイパーリアクションベイト。」ボトルシュリンプは、全国各地のフィールドでメインベイトとして補色対象となっているテナガエビやザリガニをイミテートしたホッグ系ワーム。ボリュームを持たせた圧巻のパワーアームは、テキサスリグやジグトレーラーでの使用時、ロッドワークに対してボディにワンテンポ遅れてパワフルに水を押し、強烈にアピール。フォール後の着底時には、アーム自重が生み出す慣性によって、アームの屈伸運動を引き起こし、ボトムを激しく叩き、着底バイトを誘います。ノーシンカーリグやネイルリグ、キャロライナリグなど、シンカーの影響を受けにくいリグでは、パワーアームを左右に振りながら、ダンシングフォール。また、3対のレッグが、フォールやロッドワークによってピリピリとしたビビッドなアクションを発生。パワーアームが生み出すスローかつパワフル波動と、レッグが生み出すクイックでビビッドなアクションが、より複雑でリアリティのあるパルスをボディ全体から醸し出し、クレバーなターゲットを魅了します。

Length5inch Color:全14色
■NUMA-EBI
■GREEN PUMPKIN-BLUE
■WATERMELON SEED
■SCUPPERNONG
■SIGNAL CRAYFISH
■AMBER
■BIWAKO SHRIMP
■CINNAMON/PURPLEFLK
■NATURAL PROBLUE
■BLACK BLUE
■JUNE BUG
■DEMON CRAW
■TENAGA

続きましてこちらも本仕込、高橋正樹氏プロデュースです。
以下、メガバス説明文

AIR Bee Exclusive advanced by Masaki Takahashi
高橋正樹の脳内革命か?・・・これは、虫?それとも甲殻類系?なんともいえないファンキーなフォルムです。エアビーは、ハスの葉やアシによじ登り甲羅干しをしていると無防備なザリガニや、大型昆虫などをイミテートした、新発想のフローティングカヴァーベイト。ボディマテリアルには、高浮力・高強度エラストマーを採用し、浮力とボディ強度を高めた中空成形を実現。水面を覆うマット上はもちろんのこと、立ち木や流木、ブッシュなどが絡むリザーバーやナチュラルレイクでも、エアビーの活動範囲が広がります。やわらかな中空ボディの効果は、高浮力を発揮するだけでなく、バイト時にボディがつぶれ、フックが剥き出しになるため、フッキング性能が格段にアップ。テールの天然ファーは、芯に適度な張りを持たせ、アクション時には、ボディにしなやかに追従。ステイ時には「フワー」っと挑発的に復元動作を発動してナチュラルバイトを誘発。ブッ飛びの弾丸ボディによって、広範囲のエリアを効率良く攻略可能なフローティング・ナチュラルベイトとして活躍します。

SALAMAND
詳細がぜんぜん決まっていないようですがザリガニを模したワームです。こちらはどのような素材になるかもわかりませんが高橋正樹氏プロデュースで進んでいるようです。パッと見は一昔前のワームのようですが、裏返すとかなりキモいですねw

Copyright(C) 2010 DESTROYER'S All Rights Reserved.