DESTROYER'S FISHING SHOW REPORT
今年もたくさん登場する予定のメガバスリール。その中でも赤本でまだ紹介されていないものについてのご報告です。怒られるかもしれないから、一瞬の隙に撮った数少ない写真の一部を公開。

BIG BANG
赤本にちらりと掲載され、今年のメガバスを象徴するフラッグシップリールです。そのディテールから予想された通り、ミリオネアICVベースのカウンターリールが『BIG BANG』の正体でした。ミリオネアICVベースといってもカウンターの本体部分のみで後はハンドル側はビスポークのレーシングコンディション、反対側は大幅に肉抜きされた5本スポークでかなり良い。ミリオネアもタナセンサーだけでなく、コマセタイマーを搭載したりしているので非常に便利。モトリスタで実証されたリトリーブスピードの有効性についても、スピード表示するプログラムを開発して対応。本当に釣りが変わるかもしれませんね。
発売までまだまだしばらくかかりそうですが完成形の見た目はそんなに変わらないのでは?

IDATEN
こちらも予想通りトーナメントISO系のボディでした。バス用ですのでレバーは取り外され、代わりの意匠がいい感じですね。ISO-Z 競技LBDはハンドル1回転100cmのハイギアなのですが、IDATENのカーボンロングダブルハンドルが更に1回転の巻き取り量を増やしてくれるので世界最速になるのかな?それともギア比が変わるのか?レバーが無い分軽量化にも貢献し、200gを達成しています。とにかく手返しは早いほど良いので面白いと思います。カッコ良いしね。
でもレバーブレーキってバスでもアリかなと思います。

Pagani リール?
オールドスタイルのオリジナルリールがパガーニの2010年モデルに搭載されていました。これの情報はまったくありませんが左ハンドルモデルが出そうに無いので残念です。それにしてもいいよねコレ。

Copyright(C) 2010 DESTROYER'S All Rights Reserved.